キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 アメリカやインドでの婚約指輪とは? : 気になる婚約指輪の事

気になる婚約指輪の事のメイン画像

婚約指輪は日本では結婚式まで付ける指輪。果たして海外でも同じなのか?ここではアメリカとインドの婚約指輪の意味合いをご説明します。

アメリカやインドでの婚約指輪とは?

婚約指輪といったら、日本ではプロポーズする際に渡し挙式まで着けておくというのが一般的ですよね。

そして婚約後の6ヵ月から1年のうちに結婚式をして、それからは婚約指輪は大事に保管しておくといった人が殆どかもしれません。

アメリカでは、日本に比べ婚約の期間が長いようで、指輪をしている期間が長い故に婚約指輪の選択を左右しているそうですよ。

ファッションの一つとして婚約指輪を捉えて、身分に添った個性を重視して決めているみたいです。

中には日本人みたいに、なるべく高級なものといった考えもあるみたいですが、そういう際にもオーダーメイド品で個性的なデザイン性を出す人が多いようです。

尚、ショップや媒体で選択するのではなく、アンティーク品を加工したり、自分の家系で伝統あるものをリメイクして贈呈する人が基本とされているそうです。

宝石の王国として有名なインドにおいては、婚約指輪の贈呈も大事な儀式の一環とされているのです。

お金持ちの家同士の結婚ともなったら、贈答品も豪華なものが準備される事が慣わしだそうです。

贈呈品とは、ダイヤモンド、エメラルド、パール、ルビー、ゴールドなどの5つの種類を指輪のみならずイヤリングやネックレスなども追加して贈呈するわけです。

一般家庭の人であっても、指輪のみならずイヤリングやペンダントも一緒に贈呈する事は珍しい事ではないとか。

そのデザインに関しては、ヨーロピアン形式やインドの伝統デザインにするなど、好みで色々あります。