気になる婚約指輪の事のメイン画像

我が国の婚約指輪と言えば結婚の契りの証のようなもの。海外でも同じ意味合いなのか?ここではイタリアの婚約指輪について説明します。

イタリアでの婚約指輪とは?

我が国では婚約指輪と言ったら、プロポーズする際に渡して、それから挙式までは指にするといったものですね。

外国でも婚約指輪の意味合いは我が国と同じなのでしょうか?外国での婚約指輪の事情について迫ってみましょう。

イタリアと言えば情熱の国ですね。

プレイボーイが沢山居そうな印象がしませんか?しかし、イタリアは恋人同士がお付き合いをしてから結婚に至るまでは5年より長くというのが当り前の期間だそうですよ。

30歳を超えないと経済的な能力が認められないので、お付き合いも長くするのが普通なのだとか。

でもそれにも関わらず、結婚までになかなか発展していのだそうです。

それゆえに、付き合い始めてから15年経って結婚といったケースも沢山あるようですよ。

情熱の国だけに結婚までのスパンも短いイメージもありますが、結婚に関しては違うのですね。

イタリアにおいて婚約者と言われるようになるのは、付き合った恋人同士の仲が公に認められたら・・・だそうです。

いわゆる公認の仲になったら婚約者となる訳ですね。

まずは公認となった後に結婚することになるので、かなり長い期間婚約者の立場が継続するということになるのです。

婚約者という立場になった際に、簡素な結婚指輪みたいなものを双方で交換する事が殆どみたいです。

そうやっていざ結婚が本格的になってきたら、より高額な婚約指輪を贈るのです。

【check】女子の左手薬指のサイズ、平均何号? | 「マイナビウーマン」

ちなみに婚約指輪は我が国と同様に、ダイヤモンドとプラチナが基本だそうですよ。

宝石ショップの老舗はフィレンツェのポンテ・ベッキオ橋に多く在るため、指輪も色々選べそうですね。