気になる婚約指輪の事のメイン画像

最近の婚約指輪の相場は果たしていくら位か?また婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ際の見極め方のコツをご紹介します。

相場の現状とダイヤモンド選択のコツ

婚約指輪と言えば、少し前位は給与三ヶ月分といった言葉が出回っていました。

でも、実際3か月分の婚約指輪を購入しているものなのでしょうか?とある有名雑誌の調査によると、恋人同士が婚約指輪を買った金額はおよそ三十六万円というのが2009年の全国平均だったとかそうです。

更にこの金額は、調査を開始した15年程前から大幅に変わっていないそうですよ。

給与三か月分といった言葉が出回っている当時も、実際その金額で購入している恋人同士は多くなかったのですね。

ただ、中には一生のうち一回きりの事だからこそ、愛する恋人に数百万もする婚約指輪をプレゼントする人も少なくないようです。

そのような事から検討すると、平均価格も一般的には多少低くなるのかもですね。

婚約指輪と言ったら、主になるのはダイヤモンドですよね。

当然ダイヤモンドに限らず違う女性が好きな宝石でも良い訳ですが、もしダイヤモンドで婚約指輪を選ぶなら間違えのない選択方法をお伝えしておきますね。

ダイヤモンドの見極めるポイントは4Cです。

4Cと言われてもピンと来ない方もいるかもしれませんが、これはカラット、カラー、クオリティー、カットという言葉の頭文字をとったことを言います。

この4Cという基準は世界共通のものなので、ごまかせないのです。

なので、ダイヤモンド取扱いのジュエリーショップ店の値段と4Cを比べてみて、値段とグレードが正しいか否かを確認してから選ぶ事がポイントになりますよ。

奮発して購入する婚約指輪だけに、きちんと調べてより良い物を贈りたいものですよね。