ラッセンの絵の素晴らしいところや価値はどこにあると思いますか?

ラッセンの絵の素晴らしさはどこにとあるのでしょうか。それは「ラッセンの生き方と思いが込められている点」と言えるでしょう。

ラッセンの絵の素晴らしいところや価値はどこにあると思いますか?

ラッセンの絵に魅了されてしまう人が大勢います。

そこに込められた不思議なエネルギーが人を引きつけます。

彼の絵の素晴らしさをお話ししてみましょう。

▽ラッセンの生き方が伝わってくる絵の世界観。

ラッセンの絵が大好きであるなら、他人の評価など気にする必要はありません。

好きならその思いだけで純粋に購入して楽しむのが絵というものです。

それを前提にラッセンの絵の素晴らしさを言うなら、「彼の絵はラッセンの生き方と一直線につながっていること」です。

ラッセンは海が幼い頃から大好きで、絵筆をもって海に向かっているうちに、何とかしてこの海の素晴らしさを子どもたちに伝えたいと思うようになりました。

それがいまもなお、一点の曇りもなく続いていることです。

▽売るために描く絵、伝えるために精魂込める絵。

ラッセンの海の絵には奥行きがあり、透明で澄んでいて、とても神秘的です。

それはラッセンの海に対する探究心によるものです。

スキューバダイビングで実際に海に潜り、海洋生物の不思議や潮の流れの神秘にも触れています。

売り物として絵を描いて売っているだけではない、彼の思いが1枚の絵の中に込められています。

▽陽気で明るいラッセンは、思い立ったら即行動というアクティブ派。

そういうところを、1枚の絵からたどってみましょう。

絵画ファンの楽しいところは、実際にその人に会っていなくても、絵をたどってその人の“人となり”を知り、生き様に触れることができる点です。

ラッセンも同じです。

絵で楽しんで空想でも楽しめる~。

ラッセンだけではありませんが、絵の価値はそんなところにあります。